続・徒然草子
童子の粋狂話 徒然に・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/01/05(土)   CATEGORY: 徒然に・・・
おせちも良いけど・・・(再来)
たしか・・・
昨年のこの時期もこの話題をお話していましたっけ・・・

「おせちも良いけど・・・カレーもね」なんて古いCMを^^;

尤も、年々ご存知の方も少なくなっているのでしょうが。
で、その時私、書きました。
『そのうち、「カレーも良いけど・・・おせちもね』なんていう時代が来たりして』と。文字色

そして、そんな時代は、意外と早くやって来ました。

今年の我が家です。

30日の深夜までお仕事でしたので、31日なんとか作ったのがカレーだったのです。
おせち科に属する食物と言えば、数の子と・・・・

《黒豆》

ただ、この黒豆は、どこにでもあるという黒豆ではありません。
知る人ぞ、知る。有名高級エグゼクティブセレブ老舗割烹日本料理店が作った

《蜂蜜ワイン黒豆》です。

そのような滅多な事では手に入らない、似ても似つかない不釣合いな当家に来た訳は
ここではお話し出来ない事といたしまして・・・

黒豆作りの腕に自信のある方なら作れるのではないかな、と思ってご紹介いたしました。
ラベルには「蜂蜜とワインだけを使用」と書いてありましたから、
要するに、ワインと蜂蜜だけを使って黒豆を煮きあげればよいのでしょう?

一度、挑戦なさってみてはいかがでしょうか。


新しいイメージ
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*8 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● そうでしたね・・・
緑Mama^^ | URL | 2008/01/05(土) 07:05 [EDIT]
昨年のこの頃、懐かしいこのフレーズを耳にいたしました。
キャンディーズでしたよね^^;<記憶あやふや(笑)

我が家では母が黒豆を炊きます。
今年も大変美味しく頂きましたが、勿論、
【蜂蜜】も【ワイン】も入っていないと思います。
同じ材料を手にしても、おそらく同じ味が出せないような気もいたしますが、一度挑戦してみたいと思います。
ところで、その黒豆はどちらが製造されておりますか?
高価とは思いますが、来年はその高価な黒豆でお正月を迎えたいと・・・。<迎えられればの話ですが^^;
● 母の味
雪仙童子 | URL | 2008/01/05(土) 11:40 [EDIT]
緑Mamaさま、こんにちは。
おせちに限らずでしょうが、料理はやっぱり我が家の味、家庭の味、母の味、が一番でしょうね。

この黒豆も女将の味。
何でも御贔屓の常連さんだけにお分けされてるとか…
分けて頂ける立場や
それを気前よく

「君、これあげるわ」←なぜか関西弁ではない。

なんて言える立場になってみたいものですわ(^^;


● こんにちは
万有引力 | URL | 2008/01/05(土) 14:47 [EDIT]
「おせちも良いけど・・・カレーもね」のCMですが
つい最近まで放送してて、検索きっかけで古いCMを
見て今とまるっきり同じフレーズだったので
「僕が生まれる前から放送してたの???」と
逆に驚いてしまいましたw

おせちは、食材と調理の意味合いは別として
あまり作らなくなっていたんですが
今年から、ヨメが張り切っていたので母と
一緒に久しぶりに、おせちを作ったようです。
● 万有引力さま
雪仙童子 | URL | 2008/01/05(土) 15:15 [EDIT]
こんにちは。

暮れから毎日毎日カレーを食しておりました。
ええ、イチローに勝るとも劣らぬほどに…

そうすると、無性に粉もんとソース味が恋しくなって、来年は
『おせちも良いけど…お好み焼きもね!』
になりそうな予感がしてます。

おせち…
万有引力さまのお母様の味、奥様に伝承されていくのですね。
マニュアルレシピと違って、文化の伝承者でもありますもんね。
見かけられなくなりつつある年末らしい情景が目に浮かびました。
● 蜂蜜ワイン( ̄▽ ̄)。o0○ ポアン
U-ni | URL | 2008/01/05(土) 18:09 [EDIT]
蜂蜜ワイン黒豆.....
これは一度、食してみたいですね(〃 ̄ω ̄)
U-niは来年、一式おせちを作りたいと思っているので
研究しま~す
● 今年は手抜きおせち…
しゃらら | URL | 2008/01/06(日) 01:15 [EDIT]
久々にこちらに登場でき、うれしいです。
本年もよろしくお願いいたします。

私は料理が好きで調理師学校へ行ったくらいですから、結婚して以来ずっとおせちは作ってきました。
お嫁に来てはじめてのお正月には、
「ラーメンがあればいいから」
という主人の言葉にあぜんとし、(おせちは美味しくない!という観念があるため)ならば食べたくなるようなおせちを作ってやる!とはじめてのおせち作りに挑戦したものです。
(実家では毎年忙しくておせちはつくらなかったので…。)

妹の旦那さんが、ちょっと名の知れたお惣菜やさんの工場長をしていますが、見た目には負けますが、味には毎年勝っています。
でも、黒豆はさすがにむずかしいですね。
お店のやわらかさはなかなか出せません。
来年は赤ワイン、入れてみようかしら…。

今年は、おせちをつくる量をうんと減らし、手抜きで楽させてもらいました。
何年ぶりかで紅白をこたつに入って見ることもできました。
● U-niさま
雪仙童子 | URL | 2008/01/06(日) 02:01 [EDIT]
こんばんは。
蜂蜜ワイン黒豆は東京のお店の一品。いつか出会われるときがあれば良いですね^^
おせち料理は日本人のDNAが刷り込まれているのだとも思います。
年配の方に中には
”これだけは誰にも負けない”
一品の秘伝を伝承されてる方が少なくありません。
お友達になって上手に聞き出すこと。
選択肢に加えてください。U-niさまになら教えてくださると思いますよ♪
● しゃららさま
雪仙童子 | URL | 2008/01/06(日) 02:26 [EDIT]
あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

教わったり、作ってみたり、とにかくおせち料理に関わることが日本人のエッセンスを受け継いでいくことだと思っています。
それにしても、料理の基本を履修されているということは本職の味をも撃破するものなのですね。
「おせちも良いけど・・カレーもね」
宣伝になるくらいですから当時正月からカレーを食べるなど頭になかったことだったのですが・・・
それが身をもって毎日カレーを食べるようになろうとは^^;
蜂蜜ワイン黒豆、是非挑戦してみてください。
滝谷不動の縁日には、参道に良質の丹波大納言を扱う露天商の方がおられますよ。機会があればご参考に・・・

コタツでのんびり紅白・・・大晦日の醍醐味を満喫されたのですね^^;

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 続・徒然草子. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。