続・徒然草子
童子の粋狂話 徒然に・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/02/21(水)   CATEGORY: 徒然に・・・
待合室にて・・・
昨日、朝からすこぶる不調になりました。
吐き気、冷や汗、関節痛、筋肉痛・・・
次第に胃部、腹部が重くなり、痛みに近くなってきました。
ここまで至るのに約5時間。
丁度外出の機会を得ましたので、通りがかりの内科へ駆け込みました。

まるでかつての盲腸の時を彷彿させます

『盲腸顛末記』を御参照くださいませ)

受付を済ませて、目の前のソファーで順番を待ちます。
内科医院と言うのは見た目で患者の状態は判りにくいものだと思います。
目に見える兆候が少ないからだと思います。
そして、その待合室もそんな感じで静かに時が過ぎておりました。

ただ1人・・・私を除いて・・・

私、ネクタイを外したのを皮切りに・・・
Yシャツのボタンは外してしまい、
足を投げ出したり、縮めたり、
背もたれに寄りかかったり、今にも寝転びそうになったり・・・
息はハァハァと荒く、倦怠感といいますか、虚脱感丸出しで・・・


そんな時、受付からお声が。

「これ、書いておいてください」

渡されたのは、今日はどうしたのだ、とか
薬のアレルギーはあるか、とか
妊娠しているのか、とか
例のそんな用紙でした。
書き終えて、熱を測り、また、待合室の椅子へ・・・

ハァハァしているのは私だけ、他の患者さんを見ていると、
持参した本を読んでられる方、付き添いの母親と話してられる方、
備え付けの雑誌を読んでられる方・・・
銀行の待合とさほど代わり映えはありません。

今にも他人に何かを移してしまいそうな迫力ある患者は私だけです。
行儀悪くて申し訳ないな・・・
とも思いましたが、内科の待合室。
私が正しい在り方なのではないかと、思い直してからは楽にすることにしました。

診察の順番が来て、

「ノロウィルスのよう~な、そうでないよう~な・・」
「しばらく様子をみましょうね。仕事、行かれるなら点滴しますか?」

と、言うことで点滴室で点滴してもらいました。
幾分楽にはなりましたが、点滴を受けながら
ベッドが3つも4つもあるこんな部屋があるのなら、
待合室のくたばりそうな患者を案内するくらい臨機応変に気を働かせてくれれば良かったのに・・・
と思ってしまいました。
点滴の部屋は点滴を受ける人の部屋。
マニュアルではそうなのかもしれませんが、医療機関の医療設備を
病人の為に使うことはどうなんだろう。
それとも・・・
ハァハァする患者を目前にしても確固たる信念でマニュアルに忠実な関係者を誉めるべきなのか・・・

確かに待ってる人の部屋、『待合室』ではあるのですがねぇ・・・・





《追記》
その後・・・
今日は大事をとってお休み頂き、近くの総合病院で診て頂きました。
昨日よりかなり楽になっておりまして、こうしてブログも書けております。
もちろん、本日は待合室で持参の本を読む、と言う正しい待ち方(?!)も出来ましてございますので全快間近でございます。
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● まあ!
緑Mama^^ | URL | 2007/02/21(水) 05:11 [EDIT]
お風邪?
大変でしたね^^;
私、病院にお勤めしていながら、病院大嫌いです(笑)

【臨機応変】という言葉は、ある意味死語でございますね^^;
具合の悪い患者さんを見たら、すぐに空いているベッドに
寝ていただくような心配りができないといけないと思います。
そのような、受付嬢(最近は殿方も多いですが^^;)や
看護師さんのいる病院は、私としては、【合格】の部類に
はいります。
技術は二の次ですね^^;
医は仁術・・・、心の、気持ちの問題ですね^^


お大事になさいませ~!
という、私も、風邪、完全に治っておりません(笑)

またまた、ご挨拶を忘れてます^^;
おはようございます!
● こんにちは
万有引力 | URL | 2007/02/21(水) 16:22 [EDIT]
いぜん、僕の彼女が全く同じ症状で
まったく同じ対応でした。

しかし、病院ってお金に関しても非常に
不透明な感じします。
保険診療が点数でどーのこーのってのは
なんとなく知ってますけど、なんだか会計が
医者の舌先三寸の【時価】みたいな気がして
なりません^^;
● お大事に…
しゃらら | URL | 2007/02/21(水) 22:48 [EDIT]
ノロウィルスでしたら感染しますよね。
大丈夫でしたか?
雪仙さんのそれまでの体調も良好とはいえなかったのかもしれませんね。
お大事になさってください。

それにしても、そのしんどさ、わかるような気がします。
でも、そういうときには「すみませんが、かなり具合が悪いので横にならせてください」などと、受付に申し出てもいいのですよ。
患者さんの容態に応じて診察の順番を入れ替えることもあると、そう記した病院も見たことがありますし。
今度は我慢せず、そうしてみてくださいね。
● 緑Mamaさま
雪仙童子 | URL | 2007/02/21(水) 23:40 [EDIT]
こんばんは。
風邪のよう~な、胃炎のよう~な・・・
なんだったのでしょう???
最近のお医者様は
「○○ですなぁ~」
などと断言されないような気がします。
自分が何の仕事のどの部分を任されているのか
それに付加価値を付けるとはどういうことなのか・・・


考えてる人少ないのでしょうね^^;

● 万有引力さま
雪仙童子 | URL | 2007/02/21(水) 23:48 [EDIT]
ご多忙の折り、コメント頂きありがとうございます。

医療費と言うのは全くわかりませんね~・・・
初めの医院が初診で診察して点滴して1800円
二度目に行った近くの医者が初診で診察して1200円
30分位の点滴の中身は知る由もありませんが600円くらいのものだったのですね。
先に・・・
「すんません、今日は全部で1000円くらいのでお願いしますわ」
なんて言う訳には
あきませんでしょうね~^^;
● しゃららさま
雪仙童子 | URL | 2007/02/22(木) 00:03 [EDIT]
ありがとうございます。明日からは仕事に就きます。

小猿の頃・・・・
二番目の母に連れられて内科に受診に行ったときのこと。
扁桃腺持ちの私の熱は高く、待合室の椅子に寝転がってしまった私に母は
「ちゃんとしなさい。ここはしんどい人ばかりが来てはるんやで」と。
そう言われて見渡す待合室は皆静かにキチンと座った大人ばかりで、大人は病気になってもしんどくならへんのか・・・と思ったものです。
ちゃんと座った私を母は今度は膝枕してくれはりました・・・・

今度は自ら申し出てみます、膝枕・・
じゃなくて、「横にならせてもらえませんか・・・」と。
良い事教えて頂きました♪

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 続・徒然草子. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。