続・徒然草子
童子の粋狂話 徒然に・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/20(月)   CATEGORY: 耳にしたこと
働く事で得るものは・・・
こんなお話を読んだことがあります。


農場主が朝早く、その日農場で働くものを探して街に来ました。
街は貧しい街で、仕事を求めてさまよう人で溢れていました。

《今日の仕事にありつかなければ飯が食えない。》

行き交う人の顔は皆、そんな顔でした。

農場主はある男に声をかけました。

「今から夜まで私の農場で働かないか? 賃金は1万円。どうだ?」

声をかけられた男は飛び上がって返事しました。

「お願いだ、今すぐ働かせてくれ。」と。

農場主は馬車で男を農場に連れて行きました。
お昼前になると、人手が足り無い事に気が付いて、農場主はまた街へ来ました。
そして、ある男に声をかけました。

「今から夜まで私の農場で働かないか? 賃金は1万円。どうだ?」

声をかけられた男は大喜びで馬車に乗りました。
だが、しかし、まだ足りません。
日は西に傾きかけていましたが、農場主はまた街へ来ました。
そして、ある男に声をかけました。

「今から夜まで私の農場で働かないか? 賃金は1万円。どうだ?」

声をかけられた男は、泣いていました。
農場主は男と二人で農場に戻りました。

一日の作業が終わって皆に賃金を払っていると、
一番先に働き出した男が騒ぎ立て、農場主に食って掛かりました。

「なんで、朝から働いているオレと、暮れかけて働き出した奴と賃金が同じなんだ!」と。

農場主は言いました。

「お前は1万円で喜んで朝から働いたのではなかったか?
 私はちゃんと1万円を支払った。何の文句があるのか?」

「働いた時間が違うだろ!なんでオレより少ない時間しか働いてない奴がオレと同じ賃金なのか怒ってるんだ!」

男は言い返します。
農場主は言いました。

「お前は長い時間働いたが、朝から今日の心配をせずに働けたはずだ。
 あの男は今日家族に飯を食わせることが出来るかどうか心配で押しつぶされそうになりながら街をさまよった。
 お前はそんな心配もせずに今日一日仕事に打ち込めたはずだ。」

そして

「お前の賃金を差し引いて、あの男に支払った訳ではない、お前が怒る理由がどこにあるのか?」

そう続けました。
朝から働いた男はその男の気持ちが判りました。
自分もそうだったかも知れないと思ったのです。
男は賃金を持って静かに帰りました。


働く事で得るものは・・・
『お金』だけではないのかも知れませんね。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● おはようございます!
緑Mama^^ | URL | 2006/11/21(火) 05:40 [EDIT]
賃金のためだけに働く・・・。
それだと、何度も転職をしなければならなくなりますね^^;
私も、決して、高いお給料で働いているわけではないので、
今の時給よりも、高い募集広告を目にすると
心奪われそうになりますが(^┰^;)ゞ
今の職場では、周りの方に、本当によくしてもらっています!
ある程度、「我儘」も聞いてくださいますし、私的な面でも、かなり、フォローもしていただいています。
家族でしょうか、職場の方々も・・・。
もちろん、ブログで知り合った方々も家族ですが・・・。
お仕事で得られたもの・・・「お金」よりも・・・
私は・・・「愛」かもしれませんね!
ここでいう「愛」とは広い意味でのことですが・・・。

朝から、いいお話を聞くことができました。
ありがとうござます!
笑顔でお仕事に行けそうです!

では、また~~~!
● 緑Mamaさま
雪仙童子 | URL | 2006/11/22(水) 00:25 [EDIT]
こんばんは。

『お金の為』にガムシャラに働かなければならない時、ありますよね。
でも、『お金の為』に働く時は『お金の為』と言い聞かせようと思います。
志や気高い思いがあるのなら、その夢の為に・・・と。
『お金の為だけに』になってしまわない秘訣かな、とも思います。

むかし・・・
「『大金持ち』になったら、もう仕事はしないか?」
と、問われた事がありました。
もっと、余裕を持って仕事が出来そうな気がして、
「なにかしら、仕事はしたいと思います」
と、答えました。

ホントにするでしょうかね^^;

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 続・徒然草子. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。