続・徒然草子
童子の粋狂話 徒然に・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/02/19(月)   CATEGORY: 小猿
あるある軟膏
今から40年近く前・・・

私がまだ小学生の小猿の頃。
天王寺公園には大道芸の方々を見ることが出来ました。
その中に、イワユル「がまの油売り」でしょうか、
万能薬のような軟膏を売るおじさんが居たのです・・・・

「この軟膏を塗るとどんな傷も治るよ」

「刀やナイフで切った傷もこのとおり・・・」

と、古い傷を見せつつ語るおじさんの喋りは骨頂を向かえ、

「そこの、ボン(私のこと)。ちょっとこっち来ておっちゃんの手伝いしてくれるか」

おじさんのそばに寄ると、軟膏を塗ったちり紙を渡されました。

「今からおっちゃんは蛇にこの腕を噛ませるからな、
 この蛇はすごいで、猛毒やで、
 噛ませたらおっちゃんはすぐに動かれへんようになるからな、
 ボンはすぐにその薬を噛まれたところに塗るんやで、ええな。」

そう言いながら布袋を取り出します。

私・・・

蛇が大の苦手です。

「噛まれて動かれへんようになるんなら、蛇はどないするんや・・・」

頭の中はそのことでいっぱいです。
おじさんは袋を開けて中の蛇を見せて集まった客に確認させます。
マムシ・・・なのかは判りません。
そこらの畑や田んぼで見る、シマヘビとは明らかに違うようです。

そして、講釈は続きます。
この蛇の毒は相当強いとか、この坊主が失敗したら命が危ないとか・・・
私は軟膏を塗ったちり紙を手の平に乗せて、身構えています。
私が薬を塗るタイミングを誤まれば、おじさんの命が危ないのですから当然です。

しばらく講釈が続いたあと、袋の蛇を足元に這わせたりします。
なんとなく元気で強そう、毒もあるに違いないと思えてきます。
なにより、蛇と言うだけで怖いのですから・・・
その蛇をつかんで腕に巻きつかせると、再び講釈が始まります。

その後、30分は経過したでしょうか、
不動の姿勢で身構えていた私の手も痺れてきました。
おじさんはまだ喋っています。

その時、客の一人が言いました。

   客:「わし、一つもらうわ」
おじさん:「あ、いやまだこれから蛇に噛ませて・・・」
   客:「いやぁ、よう効きそうなんわ判ったわ」

そのやり取りを皮切りに他のお客さんも買って帰られます。

そして、見物客は居なくなりました。
気が付けば蛇はいつの間にか袋に戻されていました。

「あの・・・これ・・・」

軟膏を塗ったちり紙をおじさんに見せる私。

「おおっ、ボン、忘れてたわ。その薬はよぅ効くんやで
 それ、あげるからおウチに持って帰ったらええわ」

帰る途中で捨てました。

蛇に噛ませると言うので緊張しながらずっと持っていたのです。
命が危ないと言うから身動きせず構えていたのです。

「インチキやんか」

私はそう思いました。

けれども、毎週のようにそこで商売するおじさんが食ってかかられているのを見たことはありません。

sakuraらしき客の調子に乗せられて買って帰った客が文句をいうようなシーンも見たことはありません。

皆、当然ながら判っていたのでしょう。
判っていながら、流暢な講釈のしゃべり、蛇を操る技、
それについての御代を置いて帰られたのかもしれません。
見物料に対する代価だったのです。

軟膏はオマケ。

そう考えれば腹も立たないのです。
その頃の大人は、そんな夢のような万能薬など有り得ないことくらい
ちゃんと知っていたのですね・・・
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*6 ] page top
DATE: 2006/12/17(日)   CATEGORY: 小猿
こぼれないパン?
私が小猿だった頃、
菓子パンは近くの雑貨店で買っていました。

その頃は今と違って(そのお店だけかもしれませんが・・)
菓子パンと言えどもキチンとガラスケースの中に入っていて、
今のように誰でもが触れる状態ではなかったのです。
今の「ケーキ」のような扱いですね。

パン自体が日常的に食べていた訳もありませんでしたから
ガラス越しに覗いたものです。
アンコが入った「アンパン」
クリームが入った「クリームパン」
シャムが入った「ジャムパン」
メロンが入った・・・「メロンパン」

「・・・」

いえ、いかに物事知らない小猿でもメロンパンの中にメロンが
入っているとは思っておりません。
メロン自体黄色い「まっか」をメロンと思っていた事もありましたが・・・
とにかく、メロンパンはその形が特別なので
「メロンの形をしているのだろう」
くらいの事は思ってました。

が・・・
ある日とても不思議なパンがそこに・・・






「こぼれへんのやろか・・・?」





素直な小猿の第一声でした。
他のパンはガラス越しといっても透明なビニール袋に入っていましたから姿形がわかりましたが、
そのパンだけは茶色い紙の袋に入っていて、中を知る手がかりが無いのです。

「きっと、あの袋に仕掛けがある」

素直な小猿の第二声でした。
そして、ずっとそう思っておりました。
今思うとなぜそう思ってしまったのかが不思議で恥ずかしいです・・・











「牛乳パン」

[ TB*0 | CO*6 ] page top
Copyright © 続・徒然草子. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。